NISAにおけるロールオーバーとは(非課税期間の延長)

ゼロから理解するNISA(ニーサ)そもそも、NISAとは何か?>NISAにおけるロールオーバーとは(非課税期間の延長)

NISAにおける非課税期間は「5年間」です。5年間保有し続けて売却をしない場合、その時の時価で通常の口座(特定口座)に入庫されることになります。ただし、5年後の非課税枠を再利用する形で、有価証券をロールオーバー(非課税枠延長)をすることができます。

NISAにおけるロールオーバーの仕組み

例えば、2014年に100万円分の投資信託をNISA口座で購入したとします。
5年後にその投資信託が130万円にまで値上がっていたとします。

 

通常
130万円を取得価格として特定口座(通常の投資口座)に入庫される。以降、売却して利益が出た場合、あるいは分配金が出た場合には課税の対象となる。

 

ロールオーバー
2014年の5年後(2019年)におけるNISAの非課税枠を使って、2014年に買った投資信託を再度非課税口座に入庫するというもの。ただし、入庫可能なのは2019年における非課税枠の範囲内であり、それを超えた分はロールオーバーできません。
また、ロールオーバーした分は当年分の非課税枠を消費することになります。

 

ロールオーバーのメリット、デメリット

メリットとしては、非課税枠を効率的に使えるということ。
2014年から2018年まで仮に非課税枠が年100万円と言う場合、5年間で500万円の投資をしていることになります。

2019年からは1年ごとに非課税期間が終了した運用商品(株や投資信託など)が出庫されることになります。そうなると課税口座での取り扱いとなってしまいます。

非課税で運用できる範囲でしか投資をしないと考えているのであればロールオーバーは一つの良い手と言えるでしょう。

 

その一方で、今後も運用資産を増やしたいと言うのであれば、わざわざロールオーバーせずに、2019年以降のNISA口座に追加で資金を入れて運用すればいい話になります。

 

NISA口座ならSBI証券がおすすめ


SBI証券

NISA口座数No1の実績。国内株、ETF、海外ETF、外国株、投資信託と幅広い商品に投資できるうえ、手数料も安い。投資信託の保有でポイントが貯まるなどの有利な仕組みも。