NISA口座の移管と投資商品の扱い

ゼロから理解するNISA(ニーサ)そもそも、NISAとは何か?>既に投資している商品をNISA口座に移すことはできる?

2015年以降、NISA口座は1年ごとに証券会社(銀行)を変えることができます。2015年はA証券でNISA投資をして、2016年はB証券でNISA投資ということも可能です。この場合2015年にA証券で投資をしたNISA口座内の投資商品は2016年にB証券へ移管(移動)させることはできるのでしょうか?

NISA口座を別の証券会社にするとき、前年以前のNISA口座には移せない

2015年にA証券のNISA口座で運用する商品は非課税期間の終了である2019年末までは、A証券のNISA口座で管理。

2016年にB証券のNISA口座で購入した商品は非課税期間満了となる2020年まではB証券のNISA口座で管理。

このような形になります。そのため、NISA口座の選定については変更は可能だけれども、何度もやると管理が煩雑化するという可能性があります。一般の特定口座内で管理されている株などであれば移管(いかん)といって運用商品を移すこともできるのですが、それはできません。
参考:株式の移管(証券会社を変更する手続き)

これはルールですので従うしかありません。

 

NISA口座ならSBI証券がおすすめ


SBI証券

NISA口座数No1の実績。国内株、ETF、海外ETF、外国株、投資信託と幅広い商品に投資できるうえ、手数料も安い。投資信託の保有でポイントが貯まるなどの有利な仕組みも。