NISAはどうやって利用するの?申込方法

ゼロから理解するNISA(ニーサ)そもそも、NISAとは何か?>NISAはどうやって利用するの?申込方法

NISAを利用するにはどのような手続きをすればよいのでしょうか?NISAは銀行または証券会社を通じて申込を行い、NISA口座を作成します。一人が1年に持てるNISA口座は一つだけです。

NISAの申込方法、必要書類

2014年の場合は、2014年1月1日時点で20歳以上の日本居住者であればNISA口座を作ることができます。また、NISA口座は1人あたり1口座しか作ることができません。

 

(1)証券会社(銀行)を決める
まずは、NISA口座を開設する金融機関を決めます。1金融機関のみとなりますので金融機関選びは慎重に。「NISAは証券会社と銀行のどちらで作るべき?」でも書いていますが、基本は証券会社がお勧めです。

 

(2)スターターキットを申し込む
多くの金融機関ではネットでNISA口座開設の申し込み(資料請求)が可能となっています。各金融機関のホームページからスターターキット請求(NISA口座開設資料請求)を行ってください。

 

(3)必要書類を準備する
「住民票の写し」が必要となります。一部の金融機関では住民票の取得代行も行ってくれるところがありますが、そうでない場合は役所などで住民票を発行してもらう必要があります。また、今年に入って転居した場合などは転居先の住所が記載された本人確認書類(免許証など)のコピーも必要です。

住民票の写しは役所で取得が基本ですが、住民基本台帳カードがあればコンビニなどでも取得することができます。

 

(4)金融機関に返送する
返送後、税務署の審査が入ります。おおよそ1ヶ月~2カ月くらいは審査がかかる場合がありますので、ある程度余裕を持って申込をすることをお勧めします。

 

以上でNISA口座の申し込みは完了です。

 

NISA口座ならSBI証券がおすすめ


SBI証券

NISA口座数No1の実績。国内株、ETF、海外ETF、外国株、投資信託と幅広い商品に投資できるうえ、手数料も安い。投資信託の保有でポイントが貯まるなどの有利な仕組みも。