NISAの非課税枠と非課税期間のしくみ

ゼロから理解するNISA(ニーサ)そもそも、NISAとは何か?>NISAの非課税枠と非課税期間のしくみ

NISAの非課税枠は120万円、非課税期間は5年間ですが、途中で売却したケースや満期(5年間)保有し続けたケースのように様々なパターン別にNISAの非課税枠と非課税期間の仕組みを説明していきます。

NISAのキモ。非課税についてしくみ

NISA口座は口座内の株や投資信託などから得られる利益が非課税となります。ただ、それだけだとよくわからないという点も多いかと思います。

 

非課税枠のしくみ

NISAにおける非課税枠は、NISA口座内で買い付けされた「買い付け時の元本120万円まで」が対象となります。手数料やその消費税などは対象になりません。

その後に株価が下がって、120万円を下回ったとしても非課税枠は復活しません。また、非課税期間中に「売却」などをした場合も非課税枠は復活しません。

あくまでも1年に1度きり120万円までの投資枠が非課税となるという制度となります。

 

非課税期間は最大5年間

1年間120万円の非課税枠は「最大5年間」非課税となります。
最大と書いたのは「途中で売却することも可能」だからです。途中で売却した場合、売却益に対して税金はかかりませんが、その時点で非課税枠は終了となります。

5年間持ち続けて非課税期間が終了した場合「ロールオーバー」あるいは「特定口座・一般口座への移管」のいずれかを選択する必要があります。

 

ロールオーバー

ロールオーバーというのは非課税期間終了後の年にある非課税枠を使って、NISA口座内で運用されていた資産をそのまま移動させるというものです。
たとえば2014年に120万円分のA投資信託を購入したとします。2018年にはそのA投資信託は130万円にまで成長していたとします。

もし2018年の非課税枠を使っていない場合、130万円のうち「120万円まで」は2018年の非課税枠を使って再度NISA口座で運用することができます。

ただし、120万円を超過している10万円分は「特定口座・一般口座への移管」となります・

 

特定口座や一般口座への移管

非課税期間が終了した場合、「その時点の時価」を取得価格として特定口座あるいは一般口座にNISA口座から移管されます。

特定口座・一般口座の違いについては「特定口座と一般口座の違い」を参考にしてください。 基本的には納税等が簡単な特定口座に移管するべきです。

注意するべきポイントは「その時点の時価」が取得価格になるということです。
仮に5年後に120万円が80万円になっていた場合、80万円が取得価格となります。特定口座に移った翌年に120万円に戻った場合、本来であえれば損益ゼロのラインとなりますが、税制上は40万円の利益が出たとみなされ、40万円に対して課税されます。

この点については「NISAで損がでたらどうなるの?」でも説明しますがNISAの問題点と言えるところですね。

 

NISA口座ならSBI証券がおすすめ


SBI証券

NISA口座数No1の実績。国内株、ETF、海外ETF、外国株、投資信託と幅広い商品に投資できるうえ、手数料も安い。投資信託の保有でポイントが貯まるなどの有利な仕組みも。