NISAの配当金非課税の注意点

NISA口座で買った株から受け取れる「配当金」は非課税になります。ただし、その為には配当金の受け取り方法を「株式数比例方式」にしておく必要があります。2014年のNISA口座では約3割の口座が株式数比例にしておらず、配当金に税金がかかっているという状況が発生しています。

配当金の受け取り方法は3つ

株の配当金の受け取り方法は大きく3つあります。

  1. 配当金領収証方式
    配当金の配当金領収証が自宅に送られてきて、それを郵便局に持ち込んで換金してもらうというものです。複数の証券会社で同じ株を持っている場合はまとめられます。

  2. 登録配当金受領口座方式
    (1)とほぼ同じですが、配当金領収証は送られてこず、指定した銀行口座に直接振り込んでもらう方法です。このケースも複数の証券会社で同じ株を持っている場合はまとめられます。

  3. 株式数比例配分方式
    証券会社ごとに保有している株の配当金がその証券会社の口座に入金される方式となります。たとえば、A証券で100株、B証券で200株保有しているとして1株当たり10円の配当金が出たとします。この場合、A証券に1000円、B証券に2000円の配当金が振り込まれます。

配当金の受け取り方法いついての詳細は「株の配当金を受け取る3つ方法と受け取り方」も御覧ください。

この3方式の内、NISA口座で配当金を非課税とするためには「株式数比例配分方式」を選択しておく必要があります。
なぜなら、配当金領収証方式や登録配当金受領口座方式の場合、保有する株が個人単位で「まとめられる」形になり、NISA口座の保有分、その他の口座での保有分を区別することができないからです。

 

配当金の受け取り方法の設定の仕方

ネット証券の場合はWEB上で手続きできます。
設定方法は証券会社によって異なりますが、多くの場合は「口座設定」や「口座管理」などの項目から「配当金受け取り方法(受け取り方式)」などが選択できるようになっているはずですので、そこから変更することができるはずです。

 

設定間違いで税金がかかってしまったら還付手続きはできる?

もしも、「株式数比例配分方式」を選択しておらず、せっかくNISA口座で買った高配当株に税金がかかってしまった場合、それを取り戻すことはできるのでしょうか?

残念な話なのですが、それはできません。課税されてしまった場合は諦めるしかないのが現状です。

※本ページは2015年3月12日時点の情報で作成しております。

 

NISA口座ならSBI証券がおすすめ


SBI証券

NISA口座数No1の実績。国内株、ETF、海外ETF、外国株、投資信託と幅広い商品に投資できるうえ、手数料も安い。投資信託の保有でポイントが貯まるなどの有利な仕組みも。