そもそも、NISAとは何か?

ゼロから理解するNISA(ニーサ)>そもそも、NISAとは何か?

まず、NISAっていうけど、なにさ?という方のためのページです。NISAという名前は聞いたことがあるけど、よくわからないという方のためにNISAとは何かを分かりやすくまとめていきます。

NISAとは?

NISAは2014年1月より導入が開始された「少額投資非課税制度」という仕組みです。簡単にまとめると、一定金額までの株や投資信託などの投資による売買益や配当益などを非課税とすることができる制度です。

年120万円までの非課税枠」が用意されており、その範囲であれば値上がり益や配当金(分配金)が非課税となります。なお、非課税となる期間は最長5年です。
途中で売却した場合には非課税枠は終了となります。

非課税対象者 20歳以上
(その年の1月1日で満20歳以上で日本居住者)
NISA口座 一人1口座まで
1年ごとにNISA口座をひらく金融機関は変更可能。ただし、過去にNISA口座で投資をしている有価証券(株や投信)を移管させることはできません。
非課税対象の投資商品

・株式
・株式投資信託(ETFやREITを含む)

なお、2016年以降は債券(社債や国債)ならびに公社債投資信託もNISA口座での非課税商品となります。

非課税投資枠

年120万円まで、使い残しても繰り越しは不可。非課税期間5年なので、最大で600万円までが非課税となります。

非課税期間 5年間 (5年後の非課税枠を使いロールオーバーも可能です。ただし、その際はその時点の時価で評価されます)
制度実施期間 2023年までの10年間予定

 

大まかに説明するとこれがNISAの仕組みとなります。以下では、質問が出ることが多いNISAに関する基本的なポイントを紹介していきます。

 

NISAは本当にお得なのか?

NISAで資産運用(投資)というのは本当にお得なことなのでしょうか?特に投資をしたことが無いという方にとってNISAで投資をするのは本当にお得なのかわからないという方も多いかもしれません。まずは、NISAというものが本当にお得なものなのかを調べていきたいと思います。
>>NISAは本当にお得なのか?

 

NISAはどうやって利用するの?申込方法

NISAを利用するにはどのような手続きをすればよいのでしょうか?NISAは銀行または証券会社を通じて申込を行い、NISA口座を作成します。一人が1年に持てるNISA口座は一つだけです。
>>NISAはどうやって利用するの?申込方法

 

NISAの非課税枠と非課税期間のしくみ

NISAの非課税枠は100万円、非課税期間は5年間ですが、途中で売却したケースや満期(5年間)保有し続けたケースのように様々なパターン別にNISAの非課税枠と非課税期間の仕組みを説明していきます。
>>NISAの非課税枠と非課税期間のしくみ

 

NISAで損がでたらどうなるの?

NISAは売買益や配当金などの受け取りが非課税となりますが、最終的に「損」が出た場合はどうなるのでしょうか?NISA口座における含み損のと課税のあり方、損益通算等について説明していきます。
>>NISAで損がでたらどうなるの?

 

既に投資している商品をNISA口座に移すことはできる?

すでに証券会社などで株や投資信託を保有している場合、それをそのままNISA口座に移すことはできません。どうしても動かしたい場合は一旦売却した上で、NISA口座で買い付けし直す必要があります。
>>既に投資している商品をNISA口座に移すことはできる?

 

NISA口座の移管と投資商品の扱い

2015年以降、NISA口座は1年ごとに証券会社(銀行)を変えることができます。そのため、2015年はA証券でNISA投資をして、2016年はB証券でNISA投資ということも可能です。そのとき、2015年にA証券で投資をしたNISA口座内の投資商品は2016年にB証券へ移管(移動)させることはできるのでしょうか?
>>NISA口座の移管と投資商品の扱い

 

NISAの配当金非課税の注意点

NISA口座で買った株から受け取れる「配当金」は非課税になります。ただし、その為には配当金の受け取り方法を「株式数比例方式」にしておく必要があります。2014年のNISA口座では約3割の口座が株式数比例にしておらず、配当金に税金がかかっているという状況が発生しています。ご注意ください。
>>NISAの配当金非課税の注意点

 

子どもNISA(ジュニアNISA)とは何か?

子どもNISAとは、現在創設が検討されている非課税制度です。親や祖父母が18歳未満の子供の名義で投資を行い、資産形成を行うというものです。2016年の制度開始が検討されています。2015年からは相続税の増税などもあって、こうした制度を活用できるという見方もあります。
>>子どもNISA(ジュニアNISA)とは何か?

 

つみたてNISA(積立NISA)とは何か?

つみたてNISAは、2018年よりスタートする、NISAの一種です。投資家(利用者)は通常のNISAかつみたてNISAかのどちらかを選択することができるようになります。 従来のNISAよりも年間の非課税枠は小さいのですが、非課税期間が4倍(20年)となるNISAです。
>>つみたてNISAとは何か?

 

証券会社の口座の種類を知ろう

証券会社で取引をするには「口座開設」をする必要があります。ただ、この「口座」というもの、証券会社には株取引をするうえで「3種類」の口座を開設することができます。今回はその証券会社の3つの口座「特定口座」「一般口座」「NISA口座」について説明していきます。
>>証券会社の口座の種類を知ろう

 

投資にかかる税金

NISAにおいて非課税となるのは投資における所得に対する税金です。NISAを利用すれば非課税になるっていうお話ですが、それでは、非課税にならなかった場合にはどのような形で税金がかかるのでしょうか?投資に関する税金をまとめます。
>>投資にかかる税金

 

NISA口座ならSBI証券がおすすめ


SBI証券

NISA口座数No1の実績。国内株、ETF、海外ETF、外国株、投資信託と幅広い商品に投資できるうえ、手数料も安い。投資信託の保有でポイントが貯まるなどの有利な仕組みも。