NISAで毎月の積立投資を始める

ゼロから理解するNISA(ニーサ)NISAを活用する方法>NISAで毎月の積立投資を始める

NISAにおける積立投資というものはどうなのでしょうか。投資信託の積立や株式の積立投資(るいとう・株式累積投資)などがあります。NISAで積立投資を始める時のポイントや積立投資の仕組みをまずは紹介します。

積立投資とは何か?

そもそも、積立投資というのは、毎月決められた日に特定の金融商品(投資信託や株式など)を購入するといった投資方法です。

特に、投資信託においては一般的な投資手法として知られており、一度にまとめて購入するよりも、複数回数に分けて購入することになるため、時間分散をすることが可能です。

また、後述しますが投資信託を毎月一定金額購入する場合「ドルコスト平均法」といって平均取得価格を引き下げることができ、長期投資にも有利です。

 

少額からでも投資ができる

投資というとまとまったお金がいる。と考える方も多いかもしれません。NISAの上限額120万円と言われてもそんなお金は無い。という方もいるでしょう。

NISAは別に120万円を満額投資しなければならないわけではありません。たとえ1万円、10万円であっても利用できますし、効果はあります。

積立投資の場合、証券会社によって多少の差はありますが、安いところだと月々500円程度のワンコインから積立投資ができるようになっています。

貯金できないという人へ」というサイトでは、貯金ができないという人のためのアドバイスとして「まず始めてみることが大事」と書かれています。
これは貯金だけでなく、投資でも同じことが言えます。行動してみることが重要なのです。

NISA口座を作って毎月500円の積立投資をしてみるだけでも立派な投資家ですよ。

 

時間分散によりリスクを軽減

投資商品は値下がり、値上がりという値動きによるリスクがあります。
一度にまとめて購入する場合、価格が高い時に買ってしまう、「高値づかみ」というリスクがあります。

積立投資なら一度にまとめて購入しないことで、高値づかみのリスクを減らすことができます。「NISAで損がでたら?」でも書いたとおり、NISA投資においてはできるだけリスクを小さくするということが大切です。

時間分散をすることで高値掴みのリスクは小さくなりますが、その分「底値で買える」という可能性も失うことになります。

しなしながら、構造的に損が出るともったいないNISA口座の場合は時間分散によるリスク軽減は効果的だと思います。

 

定額積立投資によるドルコスト平均法効果!

メリットとしては、前述の「ドルコスト平均法投資による平均取得価額引き下げ効果」というものが挙げられます。

ドルコスト平均法は「定額投資法」とも呼ばれ、毎回「一定金額」を投資するという方法です。以下の表は下記の通り価格変動があった商品を「毎月1万円ずつ投資」した場合「毎月100個ずつ購入」した時の数量を示したものです。

(表の引用元:ドルコスト平均法による投資のメリットとデメリット

価格 定額投資
(毎月1万円投資)
定量投資
(毎月100単位購入)
1月 90円 111.1111111 100(9000円)
2月 120円 83.33333333 100(12000円)
3月 80円 125 100(8000円)
4月 60円 166.6666667 100(6000円)
5月 90円 111.1111111 100(9000円)
6月 80円 125 100(8000円)
7月 95円 105.2631579 100(9500円)
8月 140円 71.42857143 100(14000円)
9月 110円 90.90909091 100(11000円)
10月 120円 83.33333333 100(12000円)
11月 110円 90.90909091 100(11000円)
12月 105円 95.23809524 100(10000円)
合計
1259.303562 1200

 

1年後の総投資額はどちらも「12万円」となっています。
しかしながら、その12万円で得ることができた、個数を見比べてみると「定額投資>定量投資」となっていることが分かるかと思います。

これがドルコスト平均法のパワーです。
定額投資の場合、金額が高い時は少量だけ、金額が低い時には沢山購入することになるので、平均的なパフォーマンスが上昇するのです。

そのため、毎月の積立投資をするという場合は「定額積立」をお勧めします。

 

 

NISA口座ならSBI証券がおすすめ


SBI証券

NISA口座数No1の実績。国内株、ETF、海外ETF、外国株、投資信託と幅広い商品に投資できるうえ、手数料も安い。投資信託の保有でポイントが貯まるなどの有利な仕組みも。