証券会社と銀行はどちらでNISA口座を作る?

ゼロから理解するNISA(ニーサ)NISAを活用する方法>証券会社と銀行はどちらでNISA口座を作る?

NISAを活用する第1歩は「どこにNISA口座を作るか?」です。大きく証券会社と銀行に分けることができますが、さらに各証券会社、銀行では異なるサービスやキャンペーンなどを行っています。有利な運用ができる場所にNISA口座を作りまほう。

NISA口座は証券会社が圧倒的にお得

NISA口座については地方銀行、都市銀行などの銀行でも盛んにPRしていますが、基本的には証券会社での口座開設をお勧めしています。

NISAとは?」でも説明しましたが、NISAで非課税になる運用商品は2014年現在で株と投資信託の二つがあります。

証券会社ではこの株と投資信託のどちらにでも投資が可能ですが、銀行の場合は投資信託だけしか投資をすることができません。また、証券会社と比較して銀行は投資信託のラインナップ自体も貧弱なケースが多いです。

わざわざ投資できる選択肢を狭めるメリットは投資家にありません。NISA口座を開くなら証券会社を選択しましょう。

 

対面証券会社とネット証券ならどちらがお得なの?

NISAは本当にお得なのか?」で、税金が非課税になるメリットを謳いましたが、同じく手数料についても税金と同様にコストです。手数料が高いところで取引をすればその分リターンは低下します。

特にNISAの場合、投資信託での投資を考える方が多いかと思いますが、ネット証券が扱う投資信託の方がコストが安いものが多いです。
他にもポイントの様な形でコストが事実上戻ってくるような仕組みもあります。

このような観点から考えると、NISA口座を開設するのはネット証券がやはりお勧めです。

 

NISA口座を作る金融機関選びは超重要

NISA口座は2016年現在、1年ごとに金融機関を変更することができます。
ただし、過去に投資した分はその証券会社で引き続き管理されることになるので、たびたび変更するのは非効率です。

そのため、どこにNISA口座を作るか?というのはかなり重要な要素の一つとなります。

各金融機関ではNISA口座を開設してもらおうと様々なサービスやキャンペーンなどを展開しています。詳しくは「NISAにお勧めの証券会社・銀行比較」のページをご覧ください。

 

NISA口座ならSBI証券がおすすめ


SBI証券

NISA口座数No1の実績。国内株、ETF、海外ETF、外国株、投資信託と幅広い商品に投資できるうえ、手数料も安い。投資信託の保有でポイントが貯まるなどの有利な仕組みも。