NISA向きの運用商品、不向きの運用商品

ゼロから理解するNISA(ニーサ)NISAを活用する方法>NISA向きの運用商品、不向きの運用商品

まず、デイトレードの様な運用はもちろん、数カ月や1年程度のスパンで考えている投資はNISA向きではありません。基本的には5年、10年と長期保有できる投資商品がNISA向きの運用商品となります。

基本的には5年間の長期運用を考える

NISAは「非課税枠・非課税期間」でも説明したように、投資時の120万円までの元本を5年間非課税で運用できるというものです。

NISAという制度の「非課税」という部分を最大限活用するためには5年間という運用期間を目一杯使うこと(長期投資すること)が最高の戦略となります。

そのため、数カ月、1年程度の比較的短い期間での売却を考えているような投資にはあまりお勧めはできません。

 

どういう商品がNISA向いている?

向いてる商品は原則的に5年間放置できる運用商品となります。また、「利益が非課税」という仕組みがありますので平均リターン(期待リターン)が高い運用商品が向いていることになります。

さらに、NISA口座の場合スイッチング(他の運用商品に切り替え)ができません。一旦売却すると非課税枠が消滅します。この点から考えると一つの商品である程度「分散できているもの」というものがお勧めと言えるでしょう。

・5年間しっかりと運用する
・NISAでは期待リターンが高い商品を買うべき
・NISAでは一つで分散投資されている商品を買うべき

ということになります。以上を考えるとやはりお勧めできるのは「株式のインデックスファンド」のような投資信託となります。

たとえば日経平均に連動するようなインデックスファンドなら基本的に長期運用が可能です。また、期待リターンを考えた場合、債券(国債や社債)よりも株の方が高くなります。、コストや分散投資を考えた場合も、個別銘柄に投資をするよりも一つの商品でほどよく分散投資がされているインデックスファンドが有効です。

 

NISAに向いていない商品はあるの?

向かない商品としては、

・リスクもリターンもほとんどない商品
たとえば国債ファンドのようにほとんどリスクもないがリターンが見込めない商品は向きません。こうした商品はNISA口座ではなく、普通の課税口座で保有するようにしましょう。

・元本の払い戻しをするような投資信託
特別分配金(元本の払い戻し)が出るようなファンドはNISAには向きません(毎月分配ファンドなど)。こうしたファンドは無駄に非課税枠を失うだけとなり、NISA向きではありません(基本的に運用向きじゃないと思っていますが)

 

NISA口座ならSBI証券がおすすめ


SBI証券

NISA口座数No1の実績。国内株、ETF、海外ETF、外国株、投資信託と幅広い商品に投資できるうえ、手数料も安い。投資信託の保有でポイントが貯まるなどの有利な仕組みも。