NISAと401k(個人型確定拠出年金)との違い

ゼロから理解するNISA(ニーサ)NISAを活用する方法>NISAと401k(個人型確定拠出年金)との違い

投資、資産形成における非課税制度でNISAと並ぶものとして401k(確定拠出年金)というものがあります。非課税で運用できる期間はNISAよりも長いなど401kの方が優れている部分も多いです。NISAと401kのそれぞれの長所、短所を比較していきます。

確定拠出年金とは?

確定拠出年金とは、年金の一つで個人で加入できる「個人型」と企業年金として運用されている「企業型」があります。

会社に企業年金がないサラリーマンや自営業の方などはこのうち「個人型確定拠出年金」に加入することができます。従来までの年金とは異なり「掛け金を自分で運用することができる」というのが大きな特徴と江います。

投資信託や定期預金などの運用商品が用意されており、自分で選んで運用が可能です。状況に合わせてスイッチング(投資信託の乗り換え)なども可能です。そのようにして、自分の老後資産を作っていくというのが確定拠出年金というわけです。

なかでも、個人型確定拠出年金は法改正によって2017年1月より加入がよりしやすくなりました。また、「iDeCo(イデコ)」という愛称も付けられ、普及度は急上昇している制度です。

 

個人型確定拠出年金の税メリット

個人型確定拠出年金はNISAと比較してさらに税メリットが大きい運用方法です。

掛け金が全額所得控除(上限あり)」となること。さらに「運用中の税金が非課税(NISAよりも長期間非課税)」となります。また、「年金を受け取るときも年金所得として扱われるので優遇」があります。

このように3つの節税的観点がある運用方法となります。所得控除もあるため、合法的に所得税(住民税)を節税することができます。

 

NISAはあくまでも「運用益が非課税」というだけになるため、所得控除のようなお給料に対する税金まで安くなる確定拠出年金の方が圧倒的に税メリットは大きいです。

 

個人型確定拠出年金のデメリット

これだけ見るとNISAよりも確定拠出年金と思われるかもしれませんが、もちろんマイナスな点もあります。それは「老後まで引き出せない」という点です。

個人型確定拠出年金はあくまでも「年金」です。そのため、指定の年齢になるまでは受給することもできません。一方でNISAの場合はいつでも出金することができます。

運用資金の流動性という意味では圧倒的にNISAの方が上なので、数年程度で必要になるかもしれないという資金の運用は個人型確定拠出年金には向きません。

なお、個人型の確定拠出年金について「個人型確定拠出年金のメリット・デメリット」などでもかなり詳しく説明されています。興味をもたれた方はぜひこちらもご一読ください。

 

それぞれの長所を活かした運用を

NISAも確定拠出年金、どちらも運用益非課税というメリットがあることから、資産運用にお金を回している人は「使わなければもったいない」という制度です。

下記はそれぞれの長所・短所を資産運用という点から評価、比較していきたいと思います。

 

リバランスができる確定拠出年金

確定拠出年金は年金原資として運用している資産はいつでも売買することができます。AというファンドからBというファンドにスイッチングしたり、相場の下落局面などでは一旦売却して定期預金で運用というようなこともできます。

一方のNISAは「非課税枠・非課税期間のしくみ」でも説明している通り、売買はできません。売却すると非課税枠は失われてしまうので基本的に長期保有し続けることが前提となります。

そういった意味で運用自由度は確定拠出年金が上です。

 

運用商品の多彩さを考えるならNISA

確定拠出年金の場合、運用できる投資商品は限定されています。投資信託は数10商品程度しかありません。また、株式などの個別銘柄への投資はできません。

一方でNISAの場合、それぞれの証券会社で取り扱っている「投資信託」「個別株(ETFやREITを含む)」と多彩です。

尤も、確定拠出年金で取引できる投資信託は比較的コストの安い有利な商品が多いため、そこまで不自由を感じることはありませんが、自由度・多彩さで評価するならNISAといえます。

 

NISA口座ならSBI証券がおすすめ


SBI証券

NISA口座数No1の実績。国内株、ETF、海外ETF、外国株、投資信託と幅広い商品に投資できるうえ、手数料も安い。投資信託の保有でポイントが貯まるなどの有利な仕組みも。