NISAを活用する方法

ゼロから理解するNISA(ニーサ)>NISAを活用する方法

NISAはとてもお得な制度です。と言われても、よくわかりませんよね。実際にNISAを利用するとなぜお得なのか?また、NISAという制度を100%有効に活用するにはどうしたらいいのかをまとめていきます。

NISAを上手に活用しよう

NISAを100%活用するためには、どこにNISA口座を開設するか?どうやって運用、投資するか、どのような目的で投資するのか?といった様々なことを考える必要があります。

また、投資なら100%NISAがお得というわけでもありません。投資に関する税制上の優遇措置はNISA以外にも「確定拠出年金(401k)」のようにいくつかのバリエーションが存在しています。それらと比較をした上でNISAで投資をするかどうするかを考える必要があるわけです。

ここではNISAを100%活用するためのテクニックや考え方を紹介していきます。

 

NISAを活用する基本となる3つのポイント

NISA口座を100%活用するための基本となるポイントは「5年間しっかりと運用する」「できるだけ期待リターンの高い商品に投資する」「分散投資をする」という3つが挙げられます。
>>NISAを活用する基本となる3つのポイント

 

証券会社と銀行はどちらでNISA口座を作る?

NISAを活用する第1歩は「どこにNISA口座を作るか?」です。大きく証券会社と銀行に分けることができますが、さらに各証券会社、銀行では異なるサービスやキャンペーンなどを行っています。有利な運用ができる場所にNISA口座を作りまほう。
>>証券会社と銀行はどちらでNISA口座を作る

 

NISA向きの運用商品、不向きの運用商品

まず、デイトレードの様な運用はもちろん、数カ月や1年程度のスパンで考えている投資はNISA向きではありません。基本的には5年、10年と長期保有できる投資商品がNISA向きの運用商品となります。
>>NISA向きの運用商品、不向きの運用商品

 

NISAで毎月の積立投資を始める

NISAにおける積立投資というものはどうなのでしょうか。投資信託の積立や株式の積立投資(るいとう・株式累積投資)などがあります。NISAで積立投資を始める時のポイントや積立投資の仕組みをまずは紹介します。
>>NISAで毎月の積立投資を始める

 

NISAと401k(個人型確定拠出年金)との違い

投資、資産形成における非課税制度でNISAと並ぶものとして401k(確定拠出年金)というものがあります。非課税で運用できる期間はNISAよりも長いなど401kの方が優れている部分も多いです。NISAと401kのそれぞれの長所、短所を比較していきます。
>>NISAと401k(個人型確定拠出年金)との違い

 

NISA口座ならSBI証券がおすすめ


SBI証券

NISA口座数No1の実績。国内株、ETF、海外ETF、外国株、投資信託と幅広い商品に投資できるうえ、手数料も安い。投資信託の保有でポイントが貯まるなどの有利な仕組みも。