私がNISAで個別株投資を勧めない理由

ゼロから理解するNISA(ニーサ)株式投資でNISA>私がNISAで個別株投資を勧めない理由

私はNISA口座で運用するとき「個別株投資」についてはあまり推奨しません。その理由は個別株投資で「5年後を判断するのは難しい」「分散投資が難しい」という2つの理由があります。

5年後を予想するのはプロでも困難

NISAを活用する3つのポイント」にも書いたとおり、NISA口座を活用するには5年間の非課税期間をフル活用することが大切です。

5年間の長期運用を考えると、5年後のその会社を予測する必要があるわけですが、それを予想するのはプロのファンドマネージャーなどでも難しいです。そのため、どちらかといえば、個別の銘柄に投資をするよりも「日本株全体」「世界株全体」といったように株式市場全体の上昇にかけるという運用方針の方がシンプルに5年間継続投資できると思います。

 

今は安い会社を安く買うという投資戦略

ただし、今は無名でも5年後には大きく化けしそうな会社をNISAで買っておくというのは一つの手です。100万円分買っておいて、将来株価が10倍、100倍となった場合でもその利益が非課税で丸々手に入るという考え方もできるからです。

 

120万円で株の分散投資できるか

NISA口座では1年に投資をすることができる非課税枠は100万円までとなります(2016年以降は120万円)。この120万円を個別株に投資する時に分散投資ができるかと言われるとちょっと難しいでしょう。

その一方でNISA口座での投資は「NISAで損がでたらどうなるの?」でも書いていますが、できるだけ分散投資をするべきです。

個別株への投資だと120万円という非課税枠は小さすぎます。買えても2~3銘柄が関の山かと思います。

それが投資信託であれば、数万円から様々な資産へと分散投資が可能です。国内株全体、国内REIT、先進国株式、世界株全体、米国REITなど様々な資産の100万円もあれば十分な分散投資が可能になるのです。

 

NISA口座ならSBI証券がおすすめ


SBI証券

NISA口座数No1の実績。国内株、ETF、海外ETF、外国株、投資信託と幅広い商品に投資できるうえ、手数料も安い。投資信託の保有でポイントが貯まるなどの有利な仕組みも。