株式投資でNISA

NISA口座を開設した人で投資対象としてもっとも検討されているのが個別株式です。個別株での運用も問題ありませんが、NISAのメリットを活かすための個別銘柄投資の基本などを紹介していきます。

短期売買じゃない長期投資を

個別株式をNISA口座で投資するという場合には、短期売買ではなく、5年間以上保有するという前提の「長期投資」が重要です。どれだけ儲けても非課税という点を利用して「長期的に大化けしそうな会社」に投資をするのも良いでしょう。また、「長期安定的に配当する高配当銘柄」もNISAに向いていると考えられます。

ここでは、NISA口座で株式投資をするときのポイントや注意点などを紹介していきます。

 

私がNISAで個別株投資を勧めない理由

私はNISA口座で運用するとき「個別株投資」についてはあまり推奨しません。その理由は個別株投資で「5年後を判断するのは難しい」「分散投資が難しい」という2つの理由があります。
>>私がNISAで個別株投資を勧めない理由

 

NISA口座で株主優待投資のポイントと注意点

最近、株主優待制度が話題になっています。株主優待の内容がいい株をNISA口座で買おうと考えている方もいらっしゃるかもしれません。NISAで株主優待銘柄を購入する時のポイントと注意点を紹介します。
>>NISA口座で株主優待投資のポイントと注意点

 

NISAでの高配当株銘柄を選ぶ際のポイント

基本的には個別株よりも投信の方がお勧めですが、NISA口座での投資では圧倒的に「高配当株・高配当銘柄」への投資を希望する方が多いようです。今回はNISAを使った高配当銘柄の選び方のポイントやコツを紹介していきます。
>>NISAでの高配当株銘柄を選ぶ際のポイント

 

NISAでのIPO狙いは有効な投資方法

IPO(新規公開株)は公募(市場で取引される前の募集)で当選すれば過去の実績上、かなり有利な結果になる可能性が高い投資方法です。IPOは短期的なリターンが狙いやすい運用方法ですが、これとNISAという「売買益が非課税」という口座は相性がよい運用方法と言えるでしょう。
>>NISAでのIPO狙いは有効な投資方法

 

NISAで株式の累積投資(るいとう)

株式の積立投資として活用されるものの一つに「るいとう」というものがあります。テレビCMなどでもPRされることが多いのでご存じの方も多いかもしれません。しかし、このるいとう(株式累積投資)にはいくつかの問題点があります。

 

NISA口座ならSBI証券がおすすめ


SBI証券

NISA口座数No1の実績。国内株、ETF、海外ETF、外国株、投資信託と幅広い商品に投資できるうえ、手数料も安い。投資信託の保有でポイントが貯まるなどの有利な仕組みも。