NISA口座数2015年6月末で921万口座に到達

ゼロから理解するNISA(ニーサ)NISAに関する最新情報>職場NISAの取り組みが広がる、天引きや投資教育など実施

NISAという制度、2014年からスタートはしているものの、その制度内容などは結構、今後も変更される見込みとなっています。そもそも10年間の時限的な措置なのですが、制度恒久化も含めて議論されています。そうした最新のNISA情報をお知らせします。

NISA口座数2015年6月末で921万口座に到達

NISA口座数は金融庁集計で2015年6月末で921万口座に到達しているということです。

NISA口座数
921万口座。2020年のNISA口座に対する政府目標は1500万口座ということですので半分以上は進んでいる状況ですね。
また「NISA口座の約半数は休眠口座。問題は何か?」でも指摘したとおり、NISA口座は作ったものの休眠状態の口座が多いという点も問題でしたが2015年上半期で実際に投資をした人は157万口座(前年104万口座)と伸びているようで利用も増えているみたいです。

 

NISA口座買い付け金額
・5兆1936億円
なお、主要証券10社経由で2015年1月~6月の購入額は1兆円(前年同期約7000億円)となっており、NISAによる利用がじわりと増えている格好です。

 

NISA口座で保有されている商品別内訳
・投資信託:66%
・上場株式:31%
・ETF(上場投信):1%

 

 

NISA口座ならSBI証券がおすすめ


SBI証券

NISA口座数No1の実績。国内株、ETF、海外ETF、外国株、投資信託と幅広い商品に投資できるうえ、手数料も安い。投資信託の保有でポイントが貯まるなどの有利な仕組みも。