NISAに関する最新情報

ゼロから理解するNISA(ニーサ)>NISAに関する最新情報

NISAという制度、2014年からスタートはしているものの、その制度内容などは結構、今後も変更される見込みとなっています。そもそも10年間の時限的な措置なのですが、制度恒久化も含めて議論されています。そうした最新のNISA情報をお知らせします。

NISAを取り巻く環境は変化している

私がNISAに関するサイトを作ろうと思ったきっかけの一つがNISAに関する環境が大きく変化していることです。

当初は10年間限定の措置、年100万円という形でスタートしたNISAですが、非課税枠の増額(2016年からは120万円)がなされ、2016年4月からは子ども用のNISAである「ジュニアNISA」の制度もスタートしています。

あらに制度の恒久化を含めた検討などもされているようです。。正しい情報を適切に発信する媒体があると投資家の方々、投資初心者の方にとっても必要だと思ったからです。

このコンテンツではNISAをとりまく最新の情報やトピックスを時系列で分かりやすく紹介していきます。

  1. 積立NISAの対象商品は長期投資に適した投資信託に厳選される
  2. 職場NISAは利用する価値があるか?利用のメリット、デメリット
  3. NISA口座数2015年6月末で921万口座に到達
  4. NISA口座の約半数は休眠口座。問題は何か?
  5. 2014年のNISA口座利用は1.7兆円。60歳以上が50%超。
  6. NISAの利用は中高年に偏る。若年層とNISA
  7. 2015年にもNISAの制度改正?子どもNISA、限度額120万円に?
  8. NISAとイギリスのISAとを比較

 

NISA口座ならSBI証券がおすすめ


SBI証券

NISA口座数No1の実績。国内株、ETF、海外ETF、外国株、投資信託と幅広い商品に投資できるうえ、手数料も安い。投資信託の保有でポイントが貯まるなどの有利な仕組みも。