投資信託でNISA

NISAで資産運用するにあたって最も適した商品の一つが投資信託だと思います。このステップでは、NISA口座で投資信託を運用する時の注意点や投資信託の選び方などを分かりやすく紹介していきます。

投資信託はNISA向き

全体的に考えてNISA口座と投資信託は相性が良いといえます。
一部の投信を除き、投資信託は中長期投資が前提となり中長期の運用が基本となります。最大5年の非課税期間を利用できるというNISAに向いています。

ただし、すべての投資信託がNISA向きというわけではありません。分配型投資信託に代表されるようにNISA向きでないファンドもあります。このページではNISA口座内で投資信託に投資をするという場合に注意すべきポイントやどのような投資信託を買うべきか? また、簡単にはなりますが、投資信託投資の基本も紹介していきます。

 

分配金なしがNISAには望ましい

NISAで資産運用をするという場合には無分配型の投資信託が本当は望ましいです。その理由は投資資産の「複利効果」です。5年という非課税期間を考えるのであれば複利効果が望める無分配タイプがお勧めです。
>>分配金なしがNISAには望ましい

 

毎月分配型ファンドはNISAで買ってはダメ

投資信託の中で人気の高い毎月分配型ファンドはNISAでは絶対に買ってはダメなタイプの投資信託です。もし、これをNISAで勧めるような営業マンがいたら速攻で口座解約してもいいくらいダメダメです。
>>毎月分配型ファンドはNISAで買ってはダメ

 

NISAに限らず投資信託は「コスト」を重視

NISAでの投資に限った事ではありませんが、投資信託を購入するときはその「コスト」を最大限に重要視する必要があります。コストを見る時は販売手数料と信託報酬という二つのコストが限りなくゼロに近いものから探しましょう。
>>NISAに限らず投資信託は「コスト」を重視

 

NISA口座での投資におすすめの投資信託

NISA口座で投資をするのにお勧めの投資信託・ETFを紹介していきます。ちなみにここでのオススメは相場観によるものではなく、インデックス投資をする上で取引コスト等が安く、中長期運用に向く投資信託という意味です。
>>NISA口座での投資におすすめの投資信託

 

NISA口座ならSBI証券がおすすめ


SBI証券

NISA口座数No1の実績。国内株、ETF、海外ETF、外国株、投資信託と幅広い商品に投資できるうえ、手数料も安い。投資信託の保有でポイントが貯まるなどの有利な仕組みも。