ゼロから理解するNISA(ニーサ) 投資非課税制度

ゼロから理解するNISA(ニーサ)

NISA(Nippon Individual Savings Account)は2014年よりスタートした投資の非課税制度です。株や投資信託などの投資から得られる利益(売買益・配当など)を年120万円まで非課税とすることができる制度です。

NISAを100%有効活用しよう

NISA(日本版少額投資非課税制度)は2014年にスタートした投資の非課税制度です。年100万円(2016年以降は年120万円)までの投資の利益について5年間、非課税とすることができる制度です。

そもそも、投資において税金や手数料のような「コスト」は投資リターンを大きく引き下げる要因の一つです。非課税というのは税金分のリターンを向上させることになり極めて有効です。上手に活用していきましょう。

ゼロから理解するNISA(ニーサ)では、この少額投資非課税制度について、これまで投資なんかしたことがない。という方にもわかりやすいようにゼロから説明していきます。

 

第1ステップ:そもそも、NISAとは何か?

NISAという制度についての基本を説明していきます。NISAの具体的な仕組みから、NISAを利用するとどういいものなのか?また、どうやって申込をすればいいのか?と言った事などの基本を紹介していきます。
>>そもそも、NISAとは何か?

 

第2ステップ:NISAを活用する方法

NISA口座を作ったとして、そのNISA口座を100%有効に活用するためにはどのような投資をしていけばいいのか?ということを紹介していきます。NISAならでは投資や運用の方法を紹介していきます。
>>NISAを活用する方法

 

第3ステップ:投資信託でNISA

NISAで資産運用するにあたって最も適した商品の一つが投資信託だと思います。このステップでは、NISA口座で投資信託を運用する時の注意点や投資信託の選び方などを分かりやすく紹介していきます。
>>投資信託でNISA

 

第4ステップ:株式投資でNISA

NISA口座を開設した人で投資対象としてもっとも検討されているのが個別株式です。個別株での運用も問題ありませんが、NISAのメリットを活かすための個別銘柄投資の基本などを紹介していきます。
>>株式投資でNISA

 

番外編:NISAに関する最新情報

NISAという制度、2014年からスタートはしているものの、その制度内容などは結構、今後も変更される見込みとなっています。そもそも10年間の時限的な措置なのですが、制度恒久化も含めて議論されています。そうした最新のNISA情報をお知らせします。
>>NISAに関する最新情報

 

NISA口座ならSBI証券がおすすめ


SBI証券

NISA口座数No1の実績。国内株、ETF、海外ETF、外国株、投資信託と幅広い商品に投資できるうえ、手数料も安い。投資信託の保有でポイントが貯まるなどの有利な仕組みも。